儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

マンション経営の確定申告
2013/02/15 09:21

マンション経営をする場合、当然、不動産所得が発生することになるので、確定申告をしなければなりません。
給与所得者は、通常年末調整で納税が完了するので、マンション経営の確定申告については、翌年することになります。
要するに、マンション経営のためのローンの支払い利息、購入時の諸費用、減価償却費などの必要経費などが、この制度で利用できるわけです。
そして、源泉徴収や予定納税で税金を過剰に支払った場合は、マンション経営の場合でも、還付申告でます。
ワンルームマンションでのマンション経営は、得た家賃収入につては、全て不動産所得になります。
不動産所得は、マンション経営で得た家賃収入が収入金額となり、その収入を得るために要した経費が必要経費になります。
収入金額についてですが、マンション経営での不動産所得の収入金額は、家賃収入、礼金収入、更新料などが含まれます。
ただ、不動産所得には損益通算があり、マンション経営でもこの制度は適用されることになります。
しかし、契約によりマンション経営での明渡しの時に借主に返還しない場合は、収入金額になります。
これらがマンション経営の家賃収入よりも多い場合、この損益通算の制度で、所得税や住民税の額を抑えることができるわけです。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog