儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

マンション経営で税金対策
2013/02/14 09:11

つまり、必要経費を外注費処理することで、マンション経営では支払った消費税が増えることになるわけです。
節税が可能なマンション経営は、税金対策に有効で、給与所得を外注費化することで消費税の税金対策になります。
つまり、マンション経営は、確定申告をすることで、所得税の還付が受けられるので、大きな税金対策になるわけです。

マンション経営をするにあたって、給与所得には消費税は含まれていませんが、外注費には消費税が含まれています。
マンション経営は、そうした仕組みがあるので、税金対策になり、結果的に節税できるわけです。
この制度は、贈与を無税もしくは軽い負担で行うことができるものなので、マンション経営に大いに利用できます。
マンション経営は、所得税の税金対策をはじめ。固定資産税の税金対策にもなるので、とても有意義です。
そして、最近、贈与額2500万円まで無税で贈与できる相続時清算課税制度ができたので、これはマンション経営にとって有難いことです。マンション経営で投資をしていくと、確定申告で損益通産をすることができるので、税金対策にもなります。
この制度があることで、マンション経営で購入した物件を、家族に資産移転することで、大きな経済効果が期待できます。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog