儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

貯蓄運用と投資
2013/02/08 08:11

価格が変動するリスクが投資にはありますが、長い目でみれば価値が高めることができるので、貯蓄運用にも利用できるわけです。
貯蓄と投資は全く違うものなので、貯蓄運用を投資でする時は、しっかり勉強してからでなければなりません。
短期の支出や出費に備えるためを目的として、ほとんどの人が貯蓄運用をしてくので、リスクがない商品を選びます。
安全で出し入れが簡単なものを対象として、貯蓄運用をしていくので、リスクはほとんどありません。

貯蓄運用を投資でする場合、証券からの利子や配当金で、毎年利率が変わることを知らなければなりません。
投資の場合、預けた資金に金利がつく普通の貯蓄運用とは異なるので、十分に注意しなければなりません。
そして、定期預金や普通預金で貯蓄運用をしていくと、元本に利息がプラスされていくことになります。

貯蓄運用をする場合、投資という言葉がよく用いられまずか、投資と価値を作り出すためにお金を投じることを指します。
例えば、株式や債券、不動産などにお金を投じることを投資といい、こうしたもので貯蓄運用をすることもあります。
安全確実な貯蓄運用を望むなら、投資はリスクがあるので避けたほうがいいでしょう。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog