儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

貯蓄運用とは
2013/02/02 07:11

しかし、いずれにせよ、貯蓄運用の額というのは、男女によってもかなり差があるので、一概には言えません。
また、貯蓄運用をするにあたっての投資環境によっても、どのくらい肥やしを増やせるかが変わってきます。

貯蓄運用で大事なのは、リスクのコントロールで、まったくリスクを負えないときの預け先が貯蓄になります。
毎日の生活費や子どもたちの学費、また、予定のつかめる支出などに備えるのが貯蓄運用になります。
一人暮らしの平均的な貯蓄運用の額は、年代や性別、勤続年数によって大きく違ってきます。
平均の貯蓄運用額と言っても、貯蓄ゼロの人もいれば、100万円の人もいれば、5,000万円の人も中にはいます。
20代の一人暮らしの貯蓄運用の平均額は300万円前後であるといわれていて、これが30代になると一気に680万円に跳ね上がります。
コストも安くつくのが貯蓄運用で、資産運用の場合は、遠い未来を見据えなければならないので、リスクも大きいです。
しかし、よくよく考えると、貯蓄運用というのは、いつでも使えるよう、一時預りしておくコインロッカーのようなものかもしれません。
つまり、一人暮らしの人は、貯蓄しようと思えばいくらでも貯めることができるわけで、貯蓄運用の幅がそれだけ大きくなってくるわけです。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog