儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

退職と源泉徴収
2012/12/31 02:02

退職に際しても源泉徴収は引かれるので、退職日が決まった人は、退職書類でそれを確認する必要があります。
決定された所得税と源泉徴収された合計との差額が、年末調整で調整されるわけです。
この場合、源泉徴収額が多ければ、税金が還付されることになるので、年末調整はしっかりとすることです。
年末調整は会社が12月支給給与でするので、既に退職している人で転職していない人は、源泉徴収ができないので、確定申告をする必要があります。
そのため、3月31日に退職した人は、1月1日から3月31日までに、源泉徴収として、支払った給与総額が明示されることになります。
退職に際しての源泉徴収票は大事で、なぜなら、それは転職先での年末調整をする際、必要になるからです。
また、転職先では前職の給与と転職先での給与を合算する必要があるので、源泉徴収票は、退職の際、しっかり保管しておかなければなりません。

源泉徴収は、1月1日から12月31日までの給与所得者に対してかかるもので、それを会社が天引きします。
ただ、退職した人が確定申告をしても、必ずしも源泉徴収の所得税還付があるわけではありません。

源泉徴収についてですが、確定申告をした場合、全員にお金が戻ってくるわけではありません。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog