儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

源泉徴収と年末調整
2012/12/26 01:14

つまり、給料や賞与などを、勤務先から得る所得しかない人が、徴収される制度が源泉徴収になります。
ただ、給与所得以外の所得がマイナスの人は減少するので、源泉徴収された所得税は、確定申告で計算した額から差し引くことが可能です。
給与支払時の所得税の源泉徴収と年末調整で課税関係が完結することから、サラリーマンは確定申告する必要がないのです。
所得税の源泉徴収というのが年末調整のことで、これは税収の平準化を図るために実施されているまのです。源泉徴収というのは、給与所得者が1ヶ所からの給与所得しかない場合に徴収される税金のシステムです。
つまり、二重に課税されることはないので、所得税の源泉徴収である年末調整というのは、合理的になっています。
複数から給与所得がある人は、一つでしか源泉徴収である年末調整ができないので、確定申告が必要なのです。
給与所得者が選択した1ヶ所からの給与についてのみ、所得税の源泉徴収である年末調整はできるようになっています。
所得税の源泉徴収である年末調整をしない場合、毎月の徴収税額が高くなるので、手取りが減ることになります。
所得を合算した場合、所得税の源泉徴収である年末調整は、税額が増加するというのが当たり前になります。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ