儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

源泉徴収の計算方法
2012/12/24 00:31

源泉徴収というのは、給与や報酬などを支払うものが、規定の税額をあらかじめ差し引かれるものを指します。
計算表は源泉徴収を計算するにあたって必須のもので、パートなどで徴収税額が発生する場合は、日額9300円を超えた時点からと決まっています。

源泉徴収の計算については、パートの場合、日額報酬が9299円までについては、徴収税がかからないという計算になります。
基本的に源泉徴収の計算の仕方を知りたければ、国税庁から配布される徴収税額表を参考にすることです。
そして、源泉徴収の計算は、配偶者控除の額と扶養控除の額、そして基礎控除の額の合計額を控除した残額も関係してきます。
ただこの場合、源泉徴収の計算は手計算になるので、やや面倒ですが、ソフトを利用すれば、複雑な計算がすぐにできます。
源泉徴収で天引きされて支払った天引き分については、支払う側が納付するという形になっています。
そのため、源泉徴収が導入されたことのより、ラリーマンは、大きな負担がかかるようになったのです。
また、給与に関する源泉徴収の計算については、徴収税額は比較的簡単に求めることができるようになっています。
しかし、源泉徴収の計算は、慣れれば誰でもできるようになり、最初に計算の順序を覚えれば大丈夫です。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog