儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

税務調査の時効
2012/06/30 19:21

税務調査が及んでくる場合に、非常に気になってくることがありますが、それを明確にすることは意外とはっきりとしています。
また脱税と節税が違うということもしっかりと頭に入れておけば、税務調査が及んでくるということはないのだそうです。
税務調査が及んでくるというだけでもかなり精神的にダメージは大きいようですが、時効がないとなればなおさらです。
ですから決して逃れられないものであることをきちんと知っておいたほうがいいといわれるのが、税務調査なのです。

税務調査の時効は5年、7年といわれていますが、基本的には無期限になる場合のほうが多いのだそうです。
それだけきちんと納税を行うということは大事なことであって、税務調査で指摘されるようにならないようにしなければならないのです。
時効がないのが税務調査なのですから、こればかりは腕がいい税理士さんであっても、どうにかすることは不可能なようです。
時効が基本的にはないものなのですから、あらかじめ正確に納税を行い、避けておきたいものが税務調査です。
しかしながら税務調査の結果、無申告であったり、帳簿をごまかしている場合になってしまったならば、時効は7年にまで跳ね上がります。
そのためにはやはり正確な納税をしっかりと行うというということは非常に大事ですし、なによりも税務調査から逃れられます。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ