儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

税務調査の個人対象案件
2012/06/28 19:01

しかしやはり普通に働いて税金を納めていても、非常に税金が高く感じますから、より税金を上げる税務調査に嫌なイメージを持っても仕方ないかもしれません。税務調査は会社だけではなく、もちろん個人にもやってきますが、その理由は正しい納税金額の申告を行わなかったことです。
そこで個人であればなおさら、計算ミスや記載ミスに気をつけて、正確な納税額を申告することで防げるのが税務調査です。

税務調査では、正確な納税額をきちんと納めてもらうために必要な調査になりますから、個人であっても会社であっても関係ありません。
個人で税金の申告を行う場合、きちんと計算がなされているのであるならば、税務調査がやってくることはないのです。
税務調査がやってくるのは会社だけというイメージがありますが、そんなことは決してないのです。
個人であっても自分で納税額を申告しなければならない場合、正確に記載して税務調査が来ないようにしなければなりません。
しかしながら記載にミスがあったりした場合には、間違って個人に税務調査がくることがあり、また申告し直すこともあります。
しかしながら、「このくらいわからないだろう」と小さな金額であっても、少なく納税額を申告すると個人であっても税務調査が動き出します。
些細な計算ミスで納税額が変わってくると、たとえ個人であったとしても乗り出してくることになっているのが税務調査です。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog