儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

税務調査と相続税
2012/06/25 18:31

税務調査でわずらわしい思いをすることも困ったものですし、相続税の修正申告もなかなか大変なようです。税務調査が個人に及ぶことが多いのは相続税がかかってきたときなのだそうで、必ずと言っていいほど、申告漏れが発見されるのだそうです。
そこで相続税がかかってきたのならば、税金のプロである税理士さんに相談して、税務調査が及んでこないようにするのも必要かもしれません。
まず相続税がかかってきたならば、100%税務調査はやってくることが多いそうですから、気になってしまいます。
ですから相続税がかかってきた場合には、やはり税務調査の対策として、税理士さんに相談してみたほうがいいようです。
相続税と税務調査の関係についても調べてみましょう。
実際に相続税がかかってきたのであるならば、それなりの対策をしておかなければならなくなってしまうのは、やはり怖いイメージがある税務調査のせいかもしれません。
そこであれこれと税務調査を受けなければならなくなってきますから、面倒なことになってきてしまいそうです。

税務調査にかかわりが出てくるという機会は、相続税がかかってきたときに起こりやすいのだそうです。
たとえ少ない金額であっても相続税がかかってきたならば、税務調査がきても大変にならないように対策を取っておかなければならないようです。
そういうときのために税理士さんはいるのですから、税務調査の対策法をきちんと相談しておく方がいいでしょう。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(1)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ