儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

金利スワップの会計処理方法
2011/11/29 07:31

金利スワップを会計処理することは、それほど簡単なことではないですし、煩雑な手続きが必要になってきます。
金利スワップで利益が上がった場合は、その利益がそのまま自分の手元に入るわけではないことを計算しておきましょう。
そのためには、まずは会計処理のプロに手を借りて、正しく会計処理してもらうことが金利スワップではいいようです。
どうしても金利スワップをきちんと会計処理したい場合は、金融取引の担当者に相談してみるのもいいかもしれません。
素人で金利スワップを会計処理しようとすると、いろいろと会計処理に必要な知識を要します。
もしくは金利スワップの利益を変動利付債務の固定利息に実質的に変動させてから、会計処理を行います。
会計処理はかなりシビアに解決していきますから、無駄がないようですから、お金がかかっても、会計処理を行う場合、金利スワップは必要なようです。

金利スワップは会計処理を行うとなると、いろいろと煩雑な変動について変換する必要があるそうです。
そこで金利スワップを会計処理する際に、自分ひとりで行おうとすると、混乱してしまうようなのです。
うまく金利スワップを会計処理するためには、自分ひとりで抱え込まず、プロの手を借りるのも一つの案です。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ