儲かるFX・株のこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

ローコスト住宅がローコストな理由
2011/07/30 11:46

要するに、利益優先で手抜き工事をした欠陥住宅とローコスト住宅は異なり、建築費用があまりかからない高品質な住宅なんです。
ただ現実に、ローコスト住宅の中には、欠陥住宅が後を絶たないという報告もあるので、こうしたイメージは一概には否定できません。

ローコスト住宅で住宅を建てるというのは、やはり、いくつか理由があります。
間取り、キッチン、トイレ、洗面台、フローリングなど、自分のローコスト住宅を作るにあたって、その希望は、言い出せばキリがありません。
価格面でどう折り合いをつけていくかとうのが、ローコスト住宅では、重要なポイントになります。
そのネーミングからも、ローコスト住宅と言うのは、どうしても、あまり品質が良くないイメージがあります。
そして、ローコスト住宅の間取りづくりを真剣に考えていくと、間取りというのは、本当にシンプルになるので、面白いものです。
シンプルで、ライフスタイルを最適化できる間取りを実現できるのが、ローコスト住宅を建てる理由かもしれません。
内装については、間仕切り家具により、間取りを自由に変更できる仕組みを構築しています。
また、もう1つの理由としては、ローコスト住宅が、生産体制の確立をしっかりと築いていることも挙げられます。
そのイメージというのは、安い建築費用で建てた家がローコスト住宅という決めつけがあるからです。

カテゴリ:投資・マネー

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog